資格を取ろう!

お金を稼ごう!

日本人の6人に1人が「貧困層」 競争世界を生き抜くために

日本の貧困率が拡大しています。

厚生労働省の調査によると低所得者の割合を示す指標「貧困層」が16.1%になりました。

「貧困層」とは所得が「貧困線」(等価可処分所得中央値)の半分未満に満たない世帯です。

18歳未満の子どもを対象にした「子どもの貧困率」も16.3%で、過去最悪を更新しました。

厳しい時代を生きるために、このホームページでは資格を取ることをおすすめしています。

資格は、その人の過去に関わらず、それ自体がお金を生みます。

極端な例ですが、医師免許保有者の平均年収は1500万円と言われています。

勤務医でも、複数のアルバイトを掛け持ちし、3,000万円程度の年収を得る人もいます。

専門の大学を卒業しないといけない医師は別としても。例えば、もしあなたが公認会計士の資格を保有すれば、企業では引っ張りだこです。公認会計士資格保有者の平均年収は900万円と言われています。

公認会計士が無理という方は、社労士はいかがでしょうか。

簡単な資格ではありませんが、平均年収750万円と言われています。

 

社労士が無理という方は、行政書士の資格はいかがでしょうか。資格取得者には失礼ですが、比較的容易に取得できます。それでも、平均年収は600万円と言われており、日本の平均年収420万円を大きく上回る水準です。

 

資格はお金になります。大切な家族を養うため、自己実現を図るために、資格を取得するべきです。

本ホームページでは、具体的に、2016年のおすすめ資格、資格別年収をまとめました。

みなさまの資格取得の一助になりましたら幸いです。

こんな時代だからこそ、自分に価値を!

 

安岡正篤という哲学者がいます。

明治31年大阪市生まれで、日本の戦中、戦後の中で陽明学を修めました。

多くの政治家を指導し、一世の師表・天下の木鐸と仰がれた方です。

少し古い世代の方ですが、私が個人的に最も尊敬している哲学者です。

その安岡氏の言葉で私が好きなものに

「百金を受けるものは、百金に値する人物である。千金を受けるものは、千金に値する人物である」

というものがあります。

ずいぶんとストレートな言葉ですが、まさにその通りだと思います。

この本質は、どの時代も変わらないのでしょうが、こんな時代の日本だからこそ、特に当てはまる言葉であるように思います。

【おすすめ】天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

ENGINEERING

PROJECT MANAGEMENT

RECENT
PROJECTS

Avada & Avada is an award winning company with a reputation for consistent innovation at the highest level of design.